レッスンに必要なもの

楽器

高いものである必要はありませんが、楽器本体に加え弓やケースなどがセットになっているものが望ましいです。

フィドル(バイオリン)には色々なサイズのものが出ていますが、大人の方であれば4/4サイズのものを購入してください。

バイオリンセットの一例
バイオリンセットの一例

価格の目安ですが、手作りか、量産品かによって値段が大きく異なってきます。

基本的に手作りのものは10万円は超えると思ってください。

楽器にあまり大きな投資が出来ないのであれば、鈴木やヤマハなどの大手メーカーが初心者向けに出している入門セットがお勧めです。

値段は新品で5~7万円、中古であれば3~4万円で購入できます。

上は鈴木バイオリンで最も価格の安いモデル「No.210」。定価は63,720円。実売価格はやや安くなっています。中古だと3~4万辺りが相場です。
上は鈴木バイオリンで最も価格の安いモデル「No.210」。定価は63,720円。実売価格はやや安くなっています。中古だと3~4万辺りが相場です。
インターネットオークションでは上記のモデルが2万円台から出品されています
インターネットオークションでは上記のモデルが2万円台から出品されています

楽器と合わせてペグチョーク/ペグコンポジション(糸巻きに塗る滑り止め)や替えの弦も揃えておくことをお勧めします。

弦はいつ何時切れるか分かりませんし、切れてしまったら練習できませんので、常に予備の弦を用意しておいてください。

肩当てはアイリッシュフィドルでは絶対に必要なものではありませんが、もし必要とされるのであれば合わせて購入しておいてもいいでしょう。

夜間や早朝に練習する際などはミュート(弱音器)があると便利です。

ペグチョーク
ペグチョーク
ペグチョークの使い方
ペグチョークの使い方
交換用の弦のセット
交換用の弦のセット

楽器に装着した肩当て
楽器に装着した肩当て
色々な肩当て
色々な肩当て
ミュート(弱音器)
ミュート(弱音器)

フィドル/バイオリンは練習の前に毎回必ずチューニング(調弦)をしないといけません。

チューニング(調弦)する際は他の楽器の音や、音叉、ピッチパイプ、電子式チューナーなどを頼りに音を合わせます。

最近は電子式チューナーを使うことが増えています。

音叉
音叉
ピッチパイプ
ピッチパイプ
電子式チューナー
電子式チューナー

練習した後に楽器を拭くクロス(布)も揃えておくといいでしょう。

楽器用クロスは楽器本体用、弓用、弦用と3枚あると便利です。弓用、弦用は小さい布で十分です。

楽器を拭くときは咲に弦用の布で弦に付いた松脂を拭きとってから、楽器の本体を拭きます。

バイオリン用クロス(布)の一例
バイオリン用クロス(布)の一例
バイオリン用クロス(布)の一例
バイオリン用クロス(布)の一例