アイルランド音楽でよく使われる「ABC譜」について

アイルランド音楽は基本的に楽譜を用いずに耳で聞いて学んでいくのが一般的ですが、視覚的に曲を追ったり、覚えたりするために補助的に楽譜を用いることがあります。

楽譜は普通の五線譜が使われることもありますが、アイルランドでは「ABC譜(ABC notation)」と呼ばれるアルファベットだけで書かれた楽譜もよく使われています。

下は「ABC譜」の一例です。

ABC譜を書き込むアイリーン・オブライエン
フィドルのワークショップで教える曲ABCで書いているアイリーン・オブライエン(ワークショップの講師)
Custy's Leabhar Ceoil
アイルランドで販売されているABCで書かれた曲集
左の曲集に収められている曲の一曲です
左の曲集に収められている曲の一曲です

「ABC譜」とは要は「仮名書き」した譜面に相当します。日本では「ド」は「ド」、「レ」は「レ」と覚えていきますが、アイルランドでは「ド」は「C」、「レ」は「D」と覚えていきます。

仮名を振った「ドレミファソラシド」の音階
仮名を振った「ドレミファソラシド」の音階
上と同じことをアルファベットで書くとこのようになります
上と同じことをアルファベットで書くとこのようになります

音楽を習い始めのうちは、上のように譜面に仮名を振ることがあると思いますが、「ABC譜」は五線譜に仮名を振るのではなく仮名だけで書いた楽譜といえます。

ただ仮名だけで書いてしまうと、音の高さの違いや、音の長さを表せないので、アイルランド音楽で用いられている「ABC譜」では音の高さの違いと、音の長さの違いを表せるように工夫がされています。

アイルランド中で決まった書き方があるわけではないのですが、音の高さを表す場合は「,」と「’」を用いて表すことが多いです。

どの音を基準とするかは人によって違っていたりするのですが、

私が教わったのは:

・ティンホイッスルの最低音である「D(レ)」の音を基準として、ティンホイッスルの最低音より低い音域の音には文字右横に「,」を付ける。

・ティンホイッスルの最低音の「D(レ)」の音の1オクターブ上の「D(レ)」よりも高い音には文字右横に「’」を付ける。

という書き方でした。

人によってはティンホイッスルの高い「D(レ)」の音を基準音としてそれより低い音には「,」を付けて、それより高い音には「’」を付けるというような書き方をする場合もあるようです。

ちなみにコンピュータ上で用いられる「ABC記譜法」ではティンホイッスルの高い「D(レ)」より上の音は小文字で表すようです。

「ABC記譜法」も最近はよく用いられるようになっているのですが、紙に書くときの「ABC譜」とは若干の違いがあります。

音の高さの表し方
ABC譜における音の高さの表し方の例(クリックで拡大できます)

音の長さの表し方も色々とあるのですが、私が最初に習った先生は四分音符や付点四分音符などの長く伸ばす音は「円」で囲んで表していました。人によってアルファベットの下にアンダーラインを引いて長音を表すこともあります。

音の長さの表し方
音の長さの表し方の例(クリックで拡大できます)

以下はABCで書いた譜面の例です。

キラキラ星(ABC)

上の曲はクレアのエニスにあるレコード屋兼楽器屋さん「カスティーズ」で出しているオリジナルの曲集に収められている曲の中の1曲です。タイトルは「Twinkle Twinkle」とだけしか書かれていませんが、曲はキラキラ星(Twinkle Twinkle Little Star)です。カスティーズのオリジナルABC曲集には、楽器を始めたばかりの初心者向けの簡単な曲も多く収められています。

上と同じことをカナで書くと下のようになります。

キラキラ星(仮名)

同じことを五線譜で書くと以下のようになります。

キラキラ星(五線譜)

次の曲も上と同じくカスティーズのオリジナル曲集に収められている曲で、「マイク・ラファティーズ」というジグになります。

Mike Rafferty's
マイク・ラファティーズ
左と同じことを仮名で書くとこのようになります。

上と同じことを五線譜で書くと以下のようになります。

マイク・ラファティーズ

アイルランド音楽を学ぶにあたって何よりも大切なのは、譜面に頼らず耳だけで聞いて曲や色々な細かなニュアンスをつかめることなのですが、視覚的に曲を記憶に留めるときなどにこのようなABC譜の読み方や書き方が分かっていると便利です。

実際にアイルランドに行って現地で音楽のレッスンを受けたり、夏場のサマースクールに参加した時など、渡される楽譜がこのようなABC譜であることも多いので、ABC譜の知識も知っておいて損はないと思います。