アイルランド音楽の基本情報

目次

アイルランド音楽とは

アイルランド音楽(アイリッシュミュージック)は、イギリスのお隣の小さな島国、アイルランドで伝統的に演奏されている音楽(伝統芸能)です。

アイルランドはヨーロッパの最西端、イギリスのお隣の小さな島国です
アイルランドはヨーロッパの最西端、イギリスのお隣の小さな島国です

アイルランドの伝統的な音楽というと「ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)」や「庭の千草」といった、日本でも古くから親しまれているアイルランド民謡を思い浮かべる方が多いのですが、これらの曲は現地ではあまり弾かることがありません

日本でもお馴染みのアイルランド民謡「庭の千草」。

美しい曲ですが、アイルランドで聞かれる機会はあまり多くないです。

他にアイルランドの音楽というと、世界的なロックバンド「U2」や、「エンヤ」の歌も「アイルランド人が演っている音楽」という意味では、アイリッシュミュージックの一部とも言えないこともないですが

アイルランドを代表する世界的なロックバンド「U2」。彼らの音楽は所謂「アイリッシュミュージック」とは程遠いものです。


現地で今日「アイリッシュミュージック」と言えば普通は「リール」や「ジグ」などのダンス曲や、アイルランドの伝統的な歌唱法「シャンノース」の歌を指します。

ケルト音楽とアイルランド音楽

アイリッシュ音楽のことを「ケルト音楽」と呼ぶこともあるのですが、「ケルト」というのはアイルランドやスコットランド、フランスのブルターニュ地方やスペインのガリシア地方などに残る文化を総称する言葉であって、実際のところは「これぞケルト音楽」というのは存在しません

日本や中国、韓国の音楽を総称して「アジアン音楽」と呼ぶのと似たような感じでしょうか。

アイリッシュ音楽は基本的にはアイルランド独特のものであり、その他のケルト文化を持った国の音楽とまったく一緒のものというものでもありません。

ちなみにアイルランドの人で自国の音楽のことを「ケルト音楽」という人はまずいないと思います。


左はアイルランドのバグパイプ「イリアンパイプス」の演奏、右はフランスの「ケルト文化圏」ブルターニュ地方のバグパイプの演奏です。これらを「ケルト音楽」として一緒のものとして考えてしまうのには若干無理があります。

アイリッシュ音楽で使われている楽器

*アイルランド音楽で使われている楽器についてもっと詳しく書いてあるページもあります。

フィドル(バイオリン)やイリアンパイプス(アイルランドのバグパイプ)などは伝統的な楽器として古くから演奏されています。


左がフィドルで、右がイリアンパイプス。どちらもアイルランド音楽で古くから使われている楽器です。

 ハープ(竪琴)はアイルランドの硬貨や国の紋章としても使われているアイルランドを代表する楽器です。

ハープ

ハープはアイルランドを象徴する楽器です

ユーロ硬貨
アイルランドのユーロ硬貨。裏にはハープが描かれています。
パスポート
ハープはアイルランドのパスポートにも描かれています。

他にも映画タイタニックにも登場したアイルランドの小さな縦笛「ティンホイッスル」やフルート、コンサーティーナとよばれるアコーディオンの仲間の楽器など様々な楽器が演奏されています。

ティンホイッスル
ティンホイッスル
コンサーティーナ
コンサーティーナ

アイルランド音楽で演奏されている楽器についてはこちらのページをご覧ください。

アイルランドで演奏されている曲

リールやジグ、ホーンパイプなど踊りのための曲や、「シャンノース」と呼ばれる古い歌唱法で歌われる歌などがあります。

リールとはこんな感じの曲です。

地元の高校生たちによるジグの演奏


アイルランドで演奏されている曲についてはこちらのページをご覧ください。

演奏される場所について

アイルランドの音楽は様々な場所で演奏されます。


ステージ上で大勢のお客さんを前に弾くこともありますが、アイリッシュパブ(アイルランドの居酒屋)や家のキッチンなど、日常生活に密着した場所で演奏することの方が多いです。


アイルランドの曲の多くはダンスのための曲なので、ダンスと一緒に演奏されることもあります。

アイリッシュパブ(居酒屋)での演奏風景

屋外でダンスと一緒に演奏している模様


アイルランド音楽のセッションについてはこちらをご覧ください。

アイルランド音楽の学び方

楽譜を使わずに耳で聞いて覚えていくことがほとんどです。

視覚的に曲を覚えるために「ABC譜(※)」とよばれるアルファベットで書かれた譜面を使うことがあります。

(※) ABC譜についてはこちらをご覧ください。
色々な曲があるのですが、どの曲も「これが正しい弾き方」というのはなく
弾き方は演奏家によってまちまちです。

ABC譜

アイルランド音楽でよく使われる「ABC譜(※)」。暗号でもなんでもなく、これでれっきとした楽譜なのです。

ABC譜

フィドルのワークショップでABC譜で曲を書いています


※「ABC譜」についてはこちらをご覧ください。

・アイルランド音楽で使われる「ABC譜」について

アイルランドの音楽の学び方についてはこちらをご覧ください。

フィドルとバイオリンの違い

フィドルとは弓で弾く弦楽器の総称です。

 

たとえば中国の二胡(胡弓)もフィドルの仲間で、英語では「Chinese Fiddle(チャイニーズ・フィドル)」と呼ばれることもあります。

 

有名なミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の原題は「The Fiddler on the Roof」と言います。(Fiddler=フィドルを弾く人)

 

世界中には様々な弓で弾く弦楽器があり、これらは全てフィドルの仲間になります。


左はノルウェーの伝統的なフィドル「ハーダンガーフィドル」、右はスウェーデンの伝統的なフィドル「ニッケルハルパ」。これらもれっきとしたフィドルの一種です。

アイリッシュ音楽で使われるフィドルは、普通のバイオリンと全く同じものです。

呼び方の違いだけで、クラシックの奏者が弾けばバイオリン、アイリッシュ音楽の奏者が弾けばフィドルと呼び方が変わるのです。

アイリッシュフィドルの演奏。

アイリッシュ音楽で使われるフィドルは普通のバイオリンと全く同じものです。


アイリッシュフィドルについてはこちらをご覧ください