アイリッシュバンジョーのお勧めCD

Gerry O'Connor - Time to Time

ジェリー・オコーナー

iTunesでも購入可能です。画像をクリックするとiTunesへと移動します。

アイリッシュバンジョーの巨匠中の巨匠とも言えるのが、この「Gerry O'Connor(ジェリー・オコーナー)」でしょうか。(名前をクリックすると本人のサイトへ移動します)

 

何枚かアルバムをリリースしていますが、デビューアルバム「Time to Time」は今聞いてもとても新鮮に聞こえます。

 

バンジョーってこんなに格好良くアイリッシュチューンを弾けるんだということを認識させてくれる、ぜひお勧めしたい一枚です。

John Carty - The Cat that ate the Candle

ジョン・カーティー

画像をクリックするとCDの販売サイト(アイルランドのレコード会社)に移動します。

ジェリー・オコーナーが「モダン」なアイリッシュバンジョー奏法の代表格なら、ジョン・カーティー(John Carty)は「トラディショナル」なバンジョー奏法nの代表といえるでしょう。(名前をクリックすると本人のサイトへ移動します)


オールアイルランドフラーのバンジョー部門で2度の優勝、アイルランドのゲール語放送局「TG4」が選出する「「Traditional Musician of the Year」を受賞している、バンジョーに限らずアイルランド伝統音楽界を代表する演奏家の一人です。


マイケル・コールマン、ジェームス・モリソンなど戦前にニューヨークに渡ったスライゴ出身の演奏家の影響を多く受けたリズミックでなおかつメロディックな演奏が特徴です。


近年ではフィドル奏者としても活躍しています。

Kieran Hanrahan - Plays the Irish Tenor Banjo

キーラン・ハンラハン

画像をクリックするとCDの販売サイト(本人のホームページ内)に移動します

Kieran Hanrahan(キーラン・ハンラハン)はクレア州出身のバンジョー奏者です。(名前をクリックすると本人のサイトへ移動します)


アイルランドの音楽は地域によって演奏法やレパートリーが異なるのですが、キーラン・ハンラハンの演奏スタイルや選曲は、まさにクレアスタイルといってもいい、しっとりと落ち着いた演奏を聞かせてくれます。


長年に渡りアイルランドの国営放送局「RTE」で放送されているアイルランド伝統音楽番組のプレゼンターを努めており、アイルランドのお茶の間でも広く知られている演奏家です。

Brian McGrath - Pure Banjo

ブライアン・マグラー

画像をクリックするとCDの販売サイト(カスティーズ)に移動します

Brian McGrath(ブライアン・マグラー)は北アイルランドのファーマナ州出身の奏者です。


バンジョーだけでなくピアノの奏者としても有名で、色々な演奏家のCDでピアノの伴奏も務めています。(先に紹介したジョン・カーティーのCDでも伴奏を務めています)


もともとピアノとピアノアコーディオンを弾いていたそうですが、バンジョーの音色に魅了されピアノアコーディオンを売ってバンジョーを買ったそうです。


アイルランドの超有名な伝統音楽のバンド「デ・デナン」のメンバーでもありました。


フラナガンブラザーズなど戦前の演奏家の影響を受けた伝統的な演奏が特徴です。

Cathal Hayden - Cathal Hayden

カホル・ヘイデン

画像をクリックするとCDの販売サイト(カスティーズ)へ移動します

Cathal Hayden(カホル・ヘイデン)は北アイルランドのティロン州出身のバンジョーとフィドルの奏者です。

(名前をクリックすると本人のサイトへ移動します)


バンジョーとフィドルは弦の本数と調弦が同じことから、どちらも演奏する奏者が多いのですが、カホル・ヘイデンはどちらの楽器でもオールアイルランドフラー(※)で優勝している数少ない奏者の一人です。

(※)アイルランド音楽の全国コンクール


北の方の特徴である、ドライブ感のあるエネルギッシュな演奏が特徴です。

Angelina Carberry - Pluckin' Mad

アンジェリーナ・カーベリー

画像をクリックするとCDの販売サイト(クラダレコード)に移動します

セッションなどでは女性のバンジョー奏者も結構見かけるのですが、ソロのアイリッシュバンジョーのCDを出している奏者のはこのAngelina Carberry(アンジェリーナ・カーベリー)くらいでしょうか。


彼女はCDを出すレベルの奏者としては珍しく17フレットのショートスケールモデルを使っています。


彼女のワークショップに行ったことがあるのですが、とても小さな手だったのでびっくりしました。


無駄のない伝統的で落ち着いた演奏が特徴です。

Enda Scahill - Pick it Up

エンダ・スカヒル

画像をクリックするとCDの販売サイト(本人のホームページ内)へ移動します。

アイリッシュバンジョー奏者で、今いちばんノリに乗っているのがEnda Scahill(エンダ・スカヒル)かもしれません。


「We Banjo 3」というバンジョー奏者3人によるユニットが好評で、アメリカやヨーロッパ各地をツアーして回っています。


今年(2015年)の暮れには日本ツアーも予定されています。

(日本ツアーの情報はこちらをご覧ください)


アイリッシュバンジョーの教則本も書いており、数少ないアイリッシュバンジョーの専門書とあって、こちらもよく売れているようです。


高度な演奏技術を持った演奏家で、斬新な曲のアレンジの仕方などはとても参考になります。

Seamus Egan - When Juniper Sleeps

シェーマス・イーガン

iTunesで購入可能です。画像をクリックするとiTunesに移動します

Seamus Egan(シェーマス・イーガン)はニューヨーク出身のアイルランド系アメリカ人の演奏家です。


アメリカを拠点に活動しているソーラスというバンドのリーダーとしてもよく知られています。


バンジョーだけでなく、フルートやティンホイッスル、マンドリン、ギターなど色々な楽器をこなすマルチプレーヤーでオールアイルランドフラーでは4つの楽器で優勝しています。


このアルバムでバンジョーが聞けるのは1トラックだけですが、他の楽器の演奏からも学べることは多いので、ぜひお勧めしたい一枚です。