アイリッシュテナーバンジョーの紹介

最近はフィドル(バイオリン)を弾くことが増えてきていますが、フィドルを始める前はバンジョーという弦楽器を主に弾いていました。

バンジョーというとアメリカのカントリー音楽を思い浮かべる方が多いのですが、アイルランドの音楽でも使われています。

アイルランドの音楽で使われるバンジョーは、弦の本数が4本で低音側から「G、D、A、E」とフィドル(バイオリン)と同じように調弦され、ピックで弾いて音を出します。

 

コードをかき鳴らすような演奏はほとんどせず、アイルランドのダンス曲の主旋律を単音で弾くのが一般的な弾き方です。

 

日本でバンジョーを持っていると「カントリー弾けるでしょ?」と聞かれることがあるのですが、残念ながら私はカントリーを弾けません。

 

アイリッシュのバンジョーは形こそカントリーで使われているバンジョーと似ていますが、弦の本数も調弦方法も異なるまったく別の楽器です。

弦の調弦方法がフィドル(バイオリン)と同じなので、アイルランドにはバンジョーとフィドルの両方を兼ねる奏者が多くいます。

 

アイルランドの有名なバンジョー奏者であるジョン・カーティーカハル・ヘイデンジェリー・オコナーなどはフィドル奏者としてもよく知られています。

 

その逆で現在はフィドル奏者としてよく知られている奏者が実はもともとはバンジョー奏者だったということもよくあります。

 

アイルランドを代表するフィドル奏者の一人であるマーティン・ヘイズがその例で彼は若い頃はバンジョーとしてもよく知られていました。

マーティンへイズ
バンジョーを弾くマーティン・ヘイズ(左端)
ジョンカーティー
バンジョー奏者としてもフィドル奏者としても有名なジョン・カーティー

ジョン・カーティーのバンジョーの演奏

ジョン・カーティーのフィドルの演奏。

ジョン・カーティーはフィドルの奏者としても有名ですが、フィドルは大人になってから始めたそうです。