アイルランドの音楽で使われている楽器の紹介

アイルランドの伝統音楽では色々な楽器が使われています。
以下はよく使われている楽器達です。

Uilleann Pipes (イリアン・パイプス)

イリアン・パイプスはアイルランド発祥のバグパイプです。 バッグにためた空気を押し出して音を出します。イリアン(Uilleann)とはアイルランド語(ゲール語)で肘の意で、バッグに空気を貯めるのに、肘を使ってふいごの操作をすることから、この名前が付いたそうです。

イリアンパイプス
リアム・オフリン

Fiddle (フィドル)

フィドルとは弓で弾く弦楽器の俗称で、アイルランドで使われているフィドルは普通のバイオリンとまったく同じものです。イリアンパイプスと並んで古くからアイルランドの伝統音楽で使われている楽器です。

アイルランドのフィドルの奏法は地域によって大きく異なります。

アイルランドの各地域の演奏法についてはこちらをご覧ください。

アイリッシュフィドル全般についてはこちらのページが参考になると思います。

アイリッシュフィドルのお勧めのCDを紹介したページもあります。

フィドル

Harp (ハープ)

ハープはアイルランドの国章としても用いられているアイルランドを代表する楽器です。アイルランドが世界に誇るギネスビールのマークにも使われています。

アイリッシュハープ
ユーロ硬貨

Tin Whistle (ティン・ホイッスル)

ティン・ホイッスルはブリキ(=Tin)で出来た縦笛です。値段が安く簡単に吹けることから、アイルランドでは初めて手にした楽器がコレという演奏家も多いです。

ホイッスル

Flute (フルート)

アイルランドの音楽で使われるフルートは、一般的に知られている金属製のものではなく木製のものが主流です。穴を直に押える点も金属製のフルートと大きく異なる点です。

アイリッシュフルート

Sax (サックス)

アイルランド音楽にはサックスも使われています。

戦前に録音されたレコードにも使われており、かなり古い時代からアイルランドの伝統音楽で使われてきました。サックスは運指がフルートとほぼ同じなので、フルート奏者の持ち替え楽器としての側面が強いです。マイクやアンプが発達する以前は、大きな会場で大人数を相手にダンスの伴奏をする時など、フルートでは音量が足りないことから大音量を得るためにサックスに持ち替えたそうです。

アイリッシュサックス
アイリッシュサックス

Concertina (コンサーティーナ)
コンサーティーナはアコーディオンの一種で、6角形の形をした胴体の左右の配列されたボタンを押して音を出します。蛇腹の押し引きで音が違うのが特徴です。コンサーティーナにはアングロ・コンサーティーナとイングリッシュ・コンサーティーの2種類があって、アイルランドの音楽ではアングロコンサーティーナの方が主流です。

コンサーティーナ

Botton Accordion (ボタン・アコーディオン)
アイルランドでアコーディオンと言えば、普通はこのタイプのアコーディオンのことを指します。ボタンアコーディオンは文字通りボタンを押して音を出すアコーディオンです。上のコンサーティーナと同様、蛇腹の押し引きで音が違います。アイルランドの音楽では通常ボタンが2列並んでいるものを使います。

ボタンアコーディオン
シャロン・シャノン

Melodeon (メロディオン)
メロディオンはボタン・アコーディオンとよく似ていますが、ボタンが1列しかないのが特徴です。コンサーティーナ、ボタン・アコーディオンと同様に蛇腹の押し引きで音が違います。出せる音の数に限りがあるので表現力はボタン・アコーディオンには劣りますが、リズミカルな演奏に適しているためにダンスの伴奏によく用いられています。

メロデオン

Mouth Organ(マウスオルガン)
アイルランドではハーモニカのことを「マウス・オルガン」と呼んでいます。ハーモニカは楽器の構造自体はアコーディオンやコンサーティーナと同じで、これらを合わせて「フリーリード楽器」と呼ぶこともあります。ハーモニカは色々な種類のものがありますが、アイルランド音楽ではトレモロ・ハーモニカまたは複音ハーモニカと呼ばれる種類のハーモニカが主に用いられています。

アイリッシュハーモニカ

Piano Accordion(ピアノアコーディオン)

日本でアコーディオンと言えば、このタイプのアコーディオンを思い浮かべる人が多いと思いますが、アイルランドでは他のアコーディオンと混同しないよう「ピアノアコーディオン」と呼んでいます。ピアノ鍵盤でアイルランドのダンス曲を弾くのはとても難しいのですが、ベース音の数が豊富で、厚みのある伴奏を付けられることから、上手な演奏家は他のアコーディオンを凌ぐ演奏を聞かせてくれます。

ピアノアコーディオン

Piano(ピアノ)

アイルランド音楽では普通のピアノも使われています。伴奏用として用いられることが多いですが、ソロでダンス曲を弾くこともあります。時には電子キーボードや、チェンバロが使われることもあります。

アイリッシュピアノ

Banjo (バンジョー)
バンジョーはアメリカのカントリー音楽などでよく使われている楽器ですが、アイルランドの音楽でもよく用いられています。色々な種類のバンジョーがあり、アイルランドでは弦が4本のものが使われています。調弦法がフィドル(バイオリン)と同じなので、フィドル奏者が持ち替え楽器として演奏することもあります。

バンジョーについてはぜひこちらもご覧ください。

テナーバンジョー

Mandolin (マンドリン)

マンドリンはアイルランドの音楽でも使われていますが、あまりメジャーな楽器ではありません。減の本数や調弦の仕方がバンジョーやフィドルと同じなので、バンジョー奏者やフィドル奏者の持ち替え楽器としてよく用いられます。

アイルランド音楽では「フラットマンドリン」の方が主流ですが、「ラウンドバックマンドリン」を弾いている人もいます。

アイリッシュマンドリン

Guitar(ギター)
ギターはアイルランドの音楽では比較的最近に取り入れられた楽器です。伴奏楽器としての用いられることが多く、モダンな演奏をするグループには大抵ギターの伴奏者が加わっています。近年はソロ楽器としても用いられ、ギター一本で伴奏をつけながらダンス音楽のメロディも弾いてしまうという芸達者な演奏家も増えてきています。

ギター

Bouzouki (ブズーキ)

ブズーキはギリシャ発祥の弦楽器です。ギターと同様アイルランドの音楽で使われ始めたのはごく最近のことです。伴奏用として用いられることが多いです。

ブズーキ