フィークル村のアイルロッジ

 2010から2011年にかけてアイルランドはクレア州のフィークル(Feakle)という村に住みながらアイルランドの音楽を学んでいました。

 

フィークルは音楽の盛ん土地で、アイルランド音楽を学ぶのには最適なところです。

フィークルのメインストリート
フィークルのメインストリート。フィークルはクレアの東部に位置する人口400人弱の小さな村ですが、毎年夏には世界各国から大勢の人が集まる音楽フェスティバルが開催される音楽の盛んな村です。

フィークルで住んだ家は地元の人たちから「アイルロッジ(Ayle Lodge)」と呼ばれている石造りの小さな家でした。

Ayle Lodge
アイルロッジ。築150年以上の「ゲートハウス」です。

アイルロッジは「ゲートハウス」という門の脇に建てられた門番小屋です。

現在は門番小屋ではなく普通に住む家として貸し出しされています。

 

門の奥には「アイルハウス(Ayle House)」という大きなお屋敷があって、アイルロッジはこの屋敷への出入りをする人たちを見張る門番のための小屋でした。

アイルロッジの母屋に当たるアイルハウス
アイルロッジの母屋に当たるアイルハウス

アイルロッジの母屋であるアイルハウスには、アイルランド音楽の偉大な楽曲収集家であるフランシス・オニール(Francis O'Neill)が泊まったこともあったそうです。

 

フランシス・オニールが編纂した楽譜集「オニールズ1001(O'Neill's 1001)」にはアイルハウスの名を冠した曲が収められています。

The Humours of Ayle House
オニールズ1001に収められている「The Humors of Ayle House」

2010年から2011年にかけて、この門番小屋に住みながらアイルランドの田舎の生活を満喫するとともにアイルランドの音楽を学んでいました。

 

このサイトではアイルランドの田舎の暮らしの様子や、アイルランドの音楽が田舎の人々の間でどのように楽しまれているか、またその音楽を私自身が学んでみて感じたことなどを紹介しています。