フィドル・レッスン(アイリッシュフィドル教室)

Lessons for the Irish Fiddle

フィドル教室

2010年~2011年にかけてアイルランドに住んでいた際に現地の演奏家からアイルランドの音楽を学んでいました。

 

現地で学んだことを活かして、日本でもぜひこの音楽の普及に一役買いたいと思い、帰国後レッスンを始めました。

 

2015年にはアイルランド公認のアイリッシュ音教の認定講師資格「TTCT」を日本人として初めて取得しました。(※)

 

私のレッスンではアイルランドに住んでいた時に、たまたま隣に住んでいたアイルランドを代表するフィドル奏者「ヴィンセント・グリフィン*」や、日本でも人気のマーティン・ヘイズ、その他の奏者のワークショップなどで習った、現地流の指導法によるレッスンが受けられます。

*お隣のフィドル奏者「ヴィンセント・グリフィン」についてはこちらをご覧ください。

(※)TTCTとは、アイルランド語の「Teastas i dTeagasc Ceolta Tíre」の略で、英語では「Certificate for Teaching National Music*」と言います。アイルランドの首都ダブリンに本部があるアイリッシュ音楽の国際協会「Comhaltas Ceoltóirí Éireann(略してCCÉ)」が認定するアイリッシュ音楽講師の公的な資格です。

*和訳すると「国家(アイルランド)の音楽を教える資格」となります

目次

フィドルレッスン
マーティン・ヘイズの家の前で
フィドルレッスン
メアリー・マクナマラの教室にて

レッスンの特徴

レッスンはアイルランドの伝統的な指導法に基づくレッスンです。 

現地でアイルランドの先生から習うのと全く同じレッスンが受けられます。

 

基本的に1対1の個人レッスンです。

個人レッスンとは別に月に一回グループ形式のワークショップも行っています。

 

現地のレッスン、ワークショップで教えられている「ラーンバイイヤー(learn by ear)」という楽譜を用いない方式でレッスンを進めていきますので、楽譜が読めなくても大丈夫です。

 

まったく楽器が初めてという初心者の方から、以前バイオリンを弾かれていたことのある経験者まで、どなたでも大歓迎です。

 

年齢の制限もありませんので、小さなお子様から大人の方まで通っていただけます。

レッスンの曜日/時間/場所

通常のレッスンの場所は池袋の自宅になります。

 

ご要望があれば埼玉県内(埼玉県北部)の実家でもレッスン可能です。

その他に金沢市でもレッスン可能です。

 

その他、生徒さんのご自宅などご希望の場所にお伺いしての出張レッスン、スカイプによるオンラインレッスンも可能です。

 

出張レッスンの際は、別途交通費をお願いいたします。

 

レッスン時間はご都合に合わせて日時を決めるフリータイム制*です。

 *決まった時間、曜日に受けていただくことも可能です。

 

レッスン時間は基本1回1時間。(1回に1時間以上/以下も可能です)

レッスン可能な時間は、7:00より22:00まで可能です。(自宅の場合)

 

また個人レッスンと並行して月に1回第1日曜日の13時~15時に中野サンプラザにてグループレッスンを実施しています。

レッスン代

レッスン代はレッスンの通い方によって異なります。

 

基本は1回1時間のレッスンで6,000円です。(30分3,000円)

 

学生(高校生以上)の方は5,000円です。(30分2,500円)

 

小中学生は月4回の月謝制で16,000円です。(30分レッスン8,000円)

高校生以上は19,000円です。(30分レッスン9,000円)

 

月に2回以上通う方には1回あたりのレッスン代がお安くなるチケット制がお勧めです。

 

継続してレッスンに通うと継続者割引も受けられます。

 

体験をご希望の方は1回1時間6,000円(30分3,000円)で受講していただけます。

 

2か月間に4回のレッスンを受けてで1曲弾けるようにする、4回体験コースもあります。4回体験コースは18,000円(30分コース9,000円)でお申込みいただけます。

 

小学生の体験の場合は1回4,000円(30分2,000円)となります。

 

貸出し楽器がありますので、楽器をお持ちでない方でも大丈夫です。(教室での使用であれば無料です。出張レッスンで貸し出しを希望される場合は、楽器レンタル代として1,000円お申し付けいたします) (※)

(※) 貸し出し用楽器のサイズは4/4のみとなります。

 

月1回実施しているグループレッスンの料金は1回500円~です。

グループレッスンでは楽器の貸し出しは行っておりません。

 

レッスンのお申込み、お問合せはこのページの一番下の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

フィドル アイルランド

フィドルとバイオリンの違い

フィドルは楽器自体はクラシックのバイオリンと全く同じですが、演奏法はだいぶ違います。

 

アイリッシュフィドルの演奏を学ぶのに、クラシックバイオリンの知識や経験は全く必要ありません。

 

日本だとフィドルを教えているクラシックバイオリンの先生もいらっしゃいますが、目標がアイリッシュフィドルの演奏であれば、最初からフィドル専門の先生から習ったほうが早く上達できます。 

 

アイリッシュフィドルを弾きたい人が、クラシックバイオリンのレッスンに通うということは、沖縄の三線を習いたい人が、津軽三味線の教室に通うのと同じような感じと言えるでしょうか。(またはロックのエレキギターを習いたい人が、クラシックギターの教室に通うのと同じとも言えるでしょうか) (英語がしゃべるようになりたい!でも近くに英語ネイティブの人が居ない!!英語を喋れるフランス人の人なら知っているから知り合いのフランス人に英語を教えてもらおう!って思う人って居ないですよね?フィドルを弾きたいのにクラシックの先生に就くのは、これとほぼ同じことだと言えます。)

 

クラシックバイオリンを習うとアイリッシュフィドルが弾けなくなるということはありませんが、通えるのであればアイリッシュフィドル専門の先生のところに通った方が断然早く弾けるようになります。 餅は餅屋といったところでしょう。

アイルランド フィドル

アイルランドの有名なフィドル奏者「ミシェル・オブライエン」の弓の持ち方。クラシックバイオリンでは考えも付かない(?)持ち方かもしれませんが、アイリッシュフィドルではこれでもいいのです。

フィドル

マーティン・ヘイズの弓の持ち方。親指と人差し指だけで摘まむように持っています。


こんな方にお勧めです

私のレッスンでは、全く楽器が初めてという方でも大丈夫ですが、次のような方にもお勧めです。

 

・とにかくバイオリンに興味があって弾いてみたいけど、クラシックバイオリンは敷居が高いかな?と思っている方。

 

・これまでアイルランド(ケルト)音楽に興味があったけど、どうやって始めてよいか分からなかった方。

 

・独学でフィドルに挑戦しているけど、なかなかフィドルらしい雰囲気を出せない方。

 

・子供の頃にクラシックバイオリンを習っていたけど、クラシックが好きになれなくて途中で止めてしまった。

 

・またバイオリンを始めたいけどクラシック以外のジャンルが弾きたい。

 

などなど

フィドルはこのような方たちにもお勧めです。

アイリッシュ・フィドル

楽器をお持ちでなくても始められます

無料でお貸しいたしますので、楽器がなくても大丈夫です。(レッスン中の使用に限ります)

貸し出し用の楽器のサイズは4/4になります。

 

長期のレンタルをご希望の場合は、ヤマハのレンタルサービスをお勧めしています。

アイリッシュフィドル

こんな曲が弾いてみたい、こんなテクニックを習いたいなど、様々なご要望にお答えできるようレッスンさせていただきます。

 

遠方にお住まいで、不定期でしか来れない方や、とりあえずこの曲だけを仕上げたいので、弓順や装飾のつけ方を教えてほしい、などといった方のための一回完結型のレッスンも受け付けています。

 

フィドル以外にもティンホイッスル(アイルランドの縦笛)や、テナーバンジョー(テナーギターやマンドリンでも可)のレッスンも可能です。

 

ティンホイッスルとバンジョーについてはこちらのページをご覧ください。

 

フィドル以外の楽器のレッスンのお申込み、お問合せもこのページの一番下の問い合わせフォームよりお願いいたします。

アイリッシュバンジョー

演奏サンプル

アイルランドの音楽の紹介を兼ねて、私の演奏のサンプルを載せませましたので、よかったら聞いてみてください。 

・以下はReel(リール)というタイプの曲です。リールはアイルランドで最もよく弾かれているタイプの曲です。

・Reel No.1 リールを2曲続けて弾いています。(アイルランドの音楽では複数の曲を繋げて弾くことが多い)

1曲目は「John Naughton's」、2曲目は「Morning Dew」です。

(再生できない時はこちらをクリックしてください。

・Reel No2. リールのを3曲続けて。こちらはバンジョーによる演奏です。マーティン・ヘイズとピー・ジョー・ヘイズのデュエットアルバムに入っていたセットです。バンジョーについてはこちらをご覧ください。

(下のプレーヤーで再生できない時はココから直接ダウンロードしてください)

・Reel No3. リールをティン・ホイッスル(縦笛)で吹いています。2曲ともティペラリー出身のフィドル奏者/作曲家「ショーン・ライアン」のCDに入っていたのを拝借しました。

(下のプレーヤーで再生できない時はこちらをクリックしてください。)

・Reel No.4. セッション定番のリールを3曲続けて。(セッション時の録音です)

(再生できない時はココから直接ファイルをダウンロードしてください。)

・続いてはjig(ジグ)というタイプの曲です。

・Jig No.1

2曲ともマーティン・ヘイズとピー・ジョー・ヘイズの「Shores of Lough Graney」にから拝借しました。

(再生できない時はココから直接ダウンロードしてください)

レッスンのお申込み、お問い合わせ。

レッスンのお申し込み、お問い合わせは以下よりお願い致します。

レッスンをお申し込みされる場合は、希望楽器 希望日時()(複数の候補日を挙げていただけると助かります) レッスン時間(1時間または30分) 場所(池袋の自宅教室、埼玉の実家¹、金沢教室²、出張依頼³) 楽器のレンタルの有/無 を明記の上ご連絡してください。

 

携帯(スマホを含む)のメールをお使い方

PCメールから返信いたしますのでパソコンから送信されたメールを受信できる設定にしておいてください。(携帯のアドレスに送って戻ってきてしまったことが何度かありました。)

2週間以上先、または月を跨いでのレッスンのご予約に関しては先にレッスン代のお支払いをお願いすることがありますので、ご了承ください。

¹ 埼玉の実家でのレッスンは私が実家に帰る時のみとなります。日時を選ぶことはできません。だいたい月に1~2度平日の日中に実家に戻っていますが、そのタイミングで来れる方であれば埼玉の実家でレッスンが可能です。場所は埼玉の北部です。希望の日時をお知らせいただければ、その日にレッスンが可能かどうかをご連絡いたしますので、まずはお問い合わせください。

² 月1回スクーリング(音楽とは関係のない勉強で)で金沢に通っています。スクーリングの空き時間、終わった後にレッスン可能です。こちらも日時を選ぶことはできません。(平日のみ) 福井、富山など近県でのレッスンも可能です。

³ 出張レッスンをお申込みいただく場合はお住まいの地域を明記してください。出張レッスンの際にかかる交通費のお負担をお願いいたします。(池袋からの往復料金)

私の予備の楽器を持参いたしますので、出張レッスンでも楽器の貸し出し可能です。ただし楽器レンタル代と一回に1,000円をお申し付けいたします。(楽器2台に加えて、楽譜集や教則本も運ぶので結構荷物が重たくなるので・・)

レッスン会場としてスタジオ等の有料施設を使う際は、施設利用料金のご負担もお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です